自律神経失調症でお悩みの方へ

自律神経失調症によくある症状

  • 疲れているのに
    夜眠れない

  • 不安や焦燥感
    を覚える

  • なんとなく
    体調が悪い

  • 息切れや動悸
    めがいが頻繁
    に起こる

ストレスや過労で自律神経が乱れていませんか?

原因不明の手足のしびれ、めまいなどといった症状はありませんか?

 

自律神経失調症とは、ストレスや乱れた生活習慣によって自律神経の調節機能に狂いが生じ、
心身にさまざまな不調をもたらす状態のことを指します。

 

自律神経が乱れると、便秘や手足のしびれ、不眠、不安感の症状が現れます。

 

悪化するとうつ病になる可能性もあるので注意が必要です。
自律神経失調症を対処するには、食生活や生活リズムを整え、
ストレスとうまく付き合っていきましょう。

自律神経失調症にお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

心身の不調をもたらす自律神経失調症の症状と原因について

自律神経には、身体の働きを活発化する交感神経と身体を休める副交感神経があります。
通常はこの2つの神経がバランスをとりながら全身の臓器の機能を調整しています。

しかし、ストレスなどが原因で自律神経のバランスが崩れることがあります。
すると、動悸や不安感など心身共ににさまざまな不調をもたらします。

 

【自律神経失調症の症状】

 

◆身体的な不調

・便秘や下痢
・手足の痺れ
・ほてり
・不眠
・動悸
・めまい など

 

 

◆精神的な不調

・やる気が出ない
・不安を感じる
・疎外感を覚える
・イライラする

 

自律神経失調症の症状やその程度は人それぞれ異なります。

 

【自律神経失調症の原因】

 

自律神経失調症の原因はさまざまな理由が考えられます。

まず、生活リズムの乱れです。
夜更かしや徹夜、夜勤など不規則なライフスタイルが続くと、身体に疲れが溜まり、自律神経の働きを狂わせてしまう原因になると言われています。

次に過度のストレスです。
仕事や人間関係で悩んでいませんか?
ストレスが続くと、交感神経の働きが過敏になり、血流が悪くなって疲れやだるさなどといった不調が現れやすくなってしまいます。

また、自律神経失調症は女性に多くみられ、女性ホルモンの影響があると言われています。
初潮や妊娠、閉経などによって卵巣から分泌される女性ホルモンが急激に変化することで、分泌の調整を行う大脳の視床下部が混乱し、自律神経にも影響が及ぶと考えられています。

 

【うつ病との違い】

 

自律神経失調症とよく似た病気にうつ病があります。
自律神経失調症は自律神経のバランスが崩れることによって引き起こされる心身のさまざまな不調ですが、うつ病はストレスなどが原因で脳内のセロトニンやノンアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌に異常が生じる病気です。

症状は自律神経失調症とよく似ていますが、うつ病は精神的エネルギーが急激に減少するため、生きていることが辛くなってしまったりなどと日常生活に深刻な影響を及ぼします。

自律神経失調症はうつ病の前段階とも言われており、悪化するとうつ病を発症する可能性もあります。

乱れた自律神経を整えるにはどうしたらよいのでしょうか?

自律神経失調症に対処するには生活環境をみつめ直すことが大切です。
乱れた生活リズムや食生活を整え、ストレスを溜めないように心がけましょう。

 

【生活習慣の改善】

 

自律神経を整えるためには、乱れた生活リズムを整えることが大切です。
交感神経が優位になる日中はできるだけ活動し、副交感神経が優位になる夜には夜更かしや徹夜を避け、休むように心がけましょう。

また、起床時刻や就寝時刻、食事のタイミングなどを毎日規則正しく行うことも自律神経を整えるためによいと言われています。

 

【ストレスを溜めない】

 

過度のストレスは自律神経を乱す原因になると考えられています。

定期的にリフレッシュできる趣味などを持ち、ストレスを発散できる環境を整えておきましょう。
特に働き盛りの方は、仕事以外での生きがいをみつけることが良いとされています。

 

【食生活を整える】

 

自律神経の調節には、ビタミンAやビタミンC、亜鉛などが有効だと言われています。
ビタミンAやビタミンCは副腎皮質ホルモンの合成に必要とされる栄養素です。
副腎皮質ホルモンには、ストレスを受けた際に抵抗力を高めて身体を守る働きがあります。

 

◆ビタミンAが豊富な食べ物

・レバー
・うなぎ
・人参
・バジル
・ほうれん草
・うずらの卵

 

◆ビタミンCが豊富な食べ物

・ピーマン
・ブロッコリー
・かいわれ大根
・いちご
・レモン

 

また、亜鉛は脳の神経伝達物質の生成に必要な成分です。
イライラや不安感の軽減など精神の安定に良いとされています。

 

◆亜鉛を含む食べ物

・牡蠣
・牛肉
・卵黄
・レバー

 

バランスの良い食事を心がけ、しっかりとよく噛んで食べるようにしましょう。

 

【不眠を改善するには】

 

自律神経失調症では不眠で悩む方が多くいらっしゃいます。

不眠を解消するには、

・カフェインの摂取を避ける
・寝酒をやめる
・カルシウムを摂る
・寝る前のスマホを避ける
・適度の運動をする
・日光を浴びる

などが良いと言われています。

また、寝室の環境を見直すことも大切です。
枕やマットレス、室温や湿度などを調節し、身体への負担を軽減しましょう。

藤本整体院【自律神経失調症】に対するアプローチ方法

うつ、胃痛、頭痛やめまい、全身のだるさ、心臓の不調、腰痛など色々な症状を併発して身体を動かすことがおっくうで嫌になってしまうなどの症状が続きます。

当院ではまず検査をし、結果に基づいてその原因にアプローチしていきます。

全身のだるさ、めまい等は検査が難しいので、その場合は筋肉や靭帯骨格のゆがみが原因の場合が多く、神経系の検査と骨格のゆがみの検査、筋肉の検査、関節可動域の検査を随時行っていきます。

さまざまな症状に対してオステオパシーの技術を使い、優しく柔らかな手技で対応していきますので、ご安心ください。

著者 Writer

著者画像
院長
藤本 廉三(フジモト レンゾウ)
資格:鍼師、灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師
趣味:映画鑑賞、読書
得意な施術:腰部骨盤矯正、頚椎矯正、頭蓋骨矯正

昭和59年60年に資格を取り開業、平成元年よりオステオパシー協会に入会以後研修に励む
 
   

お悩み改善の必勝法 Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:藤本整体院
住所〒350-1103 埼玉県川越市霞ケ関東2-7-14
最寄東武東上線「霞ヶ関駅」(埼玉県)徒歩3分
駐車場有り 院近くに4台ほどご用意しております
詳細は、TOPにございます画像をご確認ください
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
×
15:30〜
20:30
15:30~
17:30
×
定休日:日曜・祝日