姿勢不良でお悩みの方へ

姿勢不良によくある症状

  • 慢性に腰が
    痛んでいる

  • 気が付いたら
    肩こりに
    悩んでいる

  • 低血圧
    続いている

  • 便秘がちで
    疲れが
    とれにくい

日本人に前傾姿勢が多いのは昔から

日本人の約80%がかかと重心だと言われているため、
後ろ側に骨盤が倒れやすいと考えられます。

 

この考えには歴史的背景があり、日本人は農業・耕作だったりと収穫作業などを、
前かがみの姿勢で作業することが多かったためだと言われています。
こういった流れにより現代でも姿勢不良に悩まされている方が多くいます。

 

ここでは、姿勢不良の原因・予防法について詳しくみていきましょう。

姿勢不良にお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

姿勢不良の原因は日常生活にあった?

立ち姿勢・座っている姿勢、あなたは日常的に心掛けていますか?

姿勢不良と言われている姿勢には、日常生活においての姿勢が大きく関係してきます。
日々の生活の積み重ねにより、身体には様々なダメージを受けています。

なぜ、現代では姿勢不良の方が増加しているのか、原因を詳しくみていきましょう。

 

【姿勢不良の原因】

 

姿勢不良の原因は、立っている時の姿勢椅子に座っている時の姿勢が一番大きな要因の一つだと考えられます。

西洋人は日本人に比べ、姿勢が正しく姿勢不良の方は少ないと言われています。
なぜそう言われているのか、日本人と西洋人についての身体のつくりを比べてみましょう。

◆立位姿勢

日本人と西洋人とでは体幹部から下肢にかけての身体の使いかたが大きく違います

日本人→背中が丸まりがちで太ももの前面の筋肉を使っているため、ふくらはぎが太くなりやすい立ち姿勢

西洋人→腹部がしっかりと伸びていて太ももの後面の筋肉を使っているため、ヒップの位置が高く下腿前面(すね部分)がすっきりしてみえる立ち姿勢

 

◆坐位姿勢

日本人→重心が前にあり、お尻全体で浅く腰をかけた座り方
西洋人→重心が後ろにあり、骨盤を立て、椅子に深く腰をかけた座り方

二つを比べてみると大きな違いがあり、このような日常の動作から引き起こされると考えられています。

 

◆その他

・ちょっとした日常生活での癖 (足を組んで座る)
・長時間同じ姿勢をとり続けることによる筋肉の緊張

 

【姿勢不良の症状】

 

姿勢不良によって起こるトラブルは、身体の頭から足先までの全身に引き起こされます。

・身体の倦怠感
・肩こり、腰痛
・手先のしびれ
・貧血

このように様々な症状がみられ、また血行が悪くなるため、最悪の場合は脳梗塞やクモ膜下出血のような生命の危機につながる病気を発症することもありますので、しっかりとした知識を深めましょう。

自分でできる予防方法はあるの?

【自分の姿勢をチェックしてみよう】

 

まず初めに自分自身の姿勢を知ることが大切なので、簡単に確認していきましょう。

①壁の前に立ちます
②頭、背中、お尻、かかとを壁にくっつけるように立ちます(身体の力は抜いて、自然な状態で立つことがポイント)

この際の身体の様子をチェックしましょう。

1.頭が壁から離れていないか
2.お尻が壁から離れていないか
3.1と2どちらも離れていないがどちらかが離れている方が楽に感じる

 

◆チェック結果

1.2のどちらかが当てはまった方は、既に姿勢不良の可能性が高いです。
3に当てはまった方は、姿勢不良になる兆候がみられています。

みなさんは実践してしてみてどうでしたでしょうか?
もしかしたら、もう既に姿勢不良かもしれないという方もいたかもしれません。

既に姿勢不良にお悩みの方も、姿勢不良になる兆候がみられた方も日常生活の改善で予防できることがあるかもしれません。
ここでは姿勢不良の予防法について詳しくみて行きましょう

 

【日常生活でできる簡単な予防法】

 

◆立位姿勢

まずはじめに、日常的に立っている時の姿勢についてポイントをおさえていきましょう。

・背筋を伸ばす(脳天を糸で引っ張られているイメージ)
・あごをひく
・腹部は軽く力をいれて引っ込めるイメージ
・お尻を引き締める

 

◆座位姿勢

日常生活においてもっとも座っている姿勢は長いと考えられます。
そのためしっかりとした正しい姿勢を身につけてることによって大きな改善がみられるかもしれません。

・背筋をのばす
・なるべくイスに深く腰をかける
・お尻全体というよりは坐骨で座るイメージ

 

◆バッグ等の持ち方

バッグを持って出かけると癖で左右のどちらかに偏ってしまう方が多いと思いますが、そうすると左右どちらかに大きな負担をかけてしまうことになります。
ですので、どちらかに偏るのではなく左右交互に持つことを心掛けていきましょう。

また重い荷物の時などは肩にかけるバッグよりも、リュックなどの方が片方に負担がかかることが無いためオススメです。

藤本整体院【姿勢不良】に対するアプローチ方法

姿勢の悪さは、骨盤や背骨のねじれが原因で周囲の筋肉が硬化し、神経を圧迫することで起こります。
神経を圧迫する事により、腰痛や背部痛、頚部痛、肩こりや頭痛へと進展していきます。

腰の場合は坐骨神経、大腿神経骨盤神経を圧迫させてしまう恐れがあります。

また肩こり、首痛、頭痛、耳鳴り、鼻ずまり、背部痛、腰痛、股関節痛、膝痛、足関節痛、足底痛など全身に影響してきます。
それらを検査によって特定し、その結果にふまえて筋肉神経靭帯骨格の調整を行い、各部位に対してのずれを正常に戻していきます。

 

またオステオパシーは全身にアプローチを行う施術です。
最後に再検査をし、改善しているかをしっかりと確認を行っています。

著者 Writer

著者画像
院長
藤本 廉三(フジモト レンゾウ)
資格:鍼師、灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師
趣味:映画鑑賞、読書
得意な施術:腰部骨盤矯正、頚椎矯正、頭蓋骨矯正

昭和59年60年に資格を取り開業、平成元年よりオステオパシー協会に入会以後研修に励む
 
   

お悩み改善の必勝法 Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:藤本整体院
住所〒350-1103 埼玉県川越市霞ケ関東2-7-14
最寄東武東上線「霞ヶ関駅」(埼玉県)徒歩3分
駐車場有り 院近くに4台ほどご用意しております
詳細は、TOPにございます画像をご確認ください
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
×
15:30〜
20:30
15:30~
17:30
×
定休日:日曜・祝日